Attention Introduce

ご導入の前に

LED照明交換工事
LED light exchange construction

LED照明交換工事の種類 (工事レスタイプ vs 工事必要なタイプ)

LED化には、器具まるごと交換する方式と蛍光ランプをLEDランプに交換する方式があります。LEDランプに交換する方式には「工事不要なタイプ」と「工事必要なタイプ」に分かれます。

●「工事レスタイプ」⇒ランプ交換だけでLED化できます。
メリット⇒
工事費が発生しません。
デメリット⇒
従来からの安定器に電流が流れるため期待したほどの省エネになりません。
注意すべき点はご使用の蛍光灯器具( グロースタータ形、ラピッドスタート形、インバータ形)に対応した専用のLEDランプを選ぶ必要があります。特に誤装着の場合発火・発煙などのトラブル事例も報告されていますので、必ず専門家に相談してください。
 

●「工事必要なタイプ」⇒ランプ交換と配線変更工事でLED化できます。
メリット⇒
(1)最大限の省エネ効果が発揮できます(70%以上節電)
(2)ご使用中の照明器具に配線変更工事をすることで再利用できます。
(蛍光灯器具がグロースタータ形、ラピッドスタート形、インバータ形いづれの場合でも使用できます)
(3)安定器に伴う(発火・発煙)などのトラブルも回避でき安心・安全です。
デメリット⇒
配線変更工事が必要です。

 

「工事レスタイプ」と「工事必要なタイプ」それぞれのメリット・デメリットを理解し、用途に応じてLED照明を選ぶと良いでしょう。

 

 

電気工事方法 (安定器のバイパス工事)

●蛍光灯からLED配線工事は、電気工事の有資格者による施工管理が義務付けられています。

●蛍光灯20形 / 40形相当、ランプ(片側給電方式)の結線方法
●蛍光灯110形相当ランプ(両側給電方式)の結線方法

●FPLコンパクト蛍光灯形LEDランプの結線方法

●FHT/FDL蛍光灯形LEDランプの結線方法

●丸形LEDランプの結線方法

■施工説明書のダウンロードページはこちらです。