LED照明交換工事

LED照明交換工事(AC直結工事)

蛍光灯からLED照明の交換には「工事不要なタイプ」と「工事必要なタイプ」があります。「工事必要なタイプ」の工事方法は、AC直結工事又はバイパス工事とも呼ばれ、LEDランプの発光には蛍光灯が使用している安定器は必要なくなります。そこで安定器の機能を無力化(AC直結工事又はバイパス工事)する工事が必要です。
トラスト・ライトは、LEDの省エネ効果が最大限発揮できる「工事必要なタイプ」を採用しています。工事が必要なタイプのなかでも電源内蔵型のため、交換費は低コストで、設置後のメンテナンス費用も削減でき工事費を含めてもグロスでお得になります。

●照明機器の工事には、電気工事の有資格者による施工管理が義務付けられています。工事は必ず有資格者が実施してください。

●20W形、40W形 は片側給電方式

20W40Wketusenzu

●110W形は両側給電方式

110ketusenzu

※画像をクリックすると拡大します。

●FPLコンパクト蛍光灯LEDランプ結線図

結線図_FPLコンパクト蛍光灯LEDランプ

●FHT/FDL蛍光灯LEDランプ結線図

●丸形LEDランプ結線図

結線図_丸形LEDランプ_1

 

▶施工説明書のダウンロードページはこちらです。

 

PAGETOP